労働紛争の未然解決、労働保険社会保険手続き代行、電子申請お力になります

初めての方へ

まずは社会保険労務士、さらには特定社会保険労務士についてご紹介します

社会保険労務士とは

社会保険労務士(しゃかいほけんろうむし)とは、労働関連法令や社会保障法令に基づく

  • 申請書
  • 届出書
  • 報告書
  • 審査請求書
  • 異議申立書等の書類作成代行

また企業を経営して行く上での

  • 労務管理
  • 社会保険に関する相談・指導

を行う国家資格者のことを言います。

イメージしやすく言うと、総務・人事を一手に担うという感じです

特定社会保険労務士とは

労働者と経営者間のトラブルが起こった場合に、自分たちで解決できないとき、

一般的には

  • 少額訴訟(ただし、債権額が60万円以下に限る)
  • 労働審判
  • 民事調停
  • 民事訴訟

といった裁判上の解決を求めることになります。
ところが裁判には長い時間と、多額のお金が必要です。お互いの心証を気にする方も多いでしょう。

しかし、泣き寝入りでは解決になりません。

そこで、裁判をせず「話し合い」によって、トラブルを解決しようという制度があります。

これがADR(裁判外紛争解決手続)と呼ばれる制度です。

特定社会保険労務士は、このADRのうち
個別労働関係紛争解決のお手伝いをすることができます。

現在、労働に関するADR制度としては都道府県労働局、都道府県労働員会
社会保険労務士会などで扱っています。

このADRに関する相談、助言、そして法定代理人としてADRの場において
労働法の専門家として立ち会えるのが特定社会保険労務士です。

当オフィスの代表「永田由香」につきましては平成19年に特定社会保険労務士付議をしております。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional